BLOGブログ
BLOG

【川崎でおすすめなジム】ジョギングして脚が太くなりますか?

2018/09/01

川崎にあるパーソナルジムBodyMakers'です。

 

お客様より質問がありましたので、それについて回答を書かさせていただこうと思います。

 

【質問内容】

ジョギングして脚が太くなりますか?

 

【回答】

結論から言いますと「太くなりません。」

ジョギングは低負荷かつ長時間な運動です。

長時間の運動は脂肪燃焼効果もありますが、筋肉の分解も起きやすいため、続けていくと身体は細くなっていきます。

マラソン選手を想像するとイメージがつきやすいかと思いますが、長距離ランナーは筋肉が太い選手はほぼいません。

どちらかというと細身の選手が多いです。

逆に短距離ランナーは筋肉が多い選手が多いですね。

そもそも筋肉には速筋繊維と遅筋繊維があります。

速筋繊維は、瞬発力は強いですが、持続力は短いです。

遅筋繊維は、瞬発力は弱いですが、持続力は長いです。

高負荷・短時間の運動では、速筋繊維が鍛えられて、

低負荷・長時間の運動では、遅筋繊維が鍛えられます。

そしてここが今回のお話で重要ですが、速筋繊維は筋肉が太くなりやすく、遅筋繊維は速筋繊維ほど太くなりません。

ですのでジョギングではなくて短距離走を行う場合、速筋繊維が鍛えられて脚の筋肉は大きくなり、結果として脚が太くなります。

ちなみにウエイトトレーニングでも同じようなことが言えます。

男性の場合は脚の太さを気にされる方は少ないですが、女性の場合は気にされる方多いですよね。

筋肉を大きくしたい場合は、高重量・低回数を行います。

シェイプアップ(細く)したい場合は、低重量・高回数を行います。

身体をどう変化させたいかでトレーニング内容も変わっていきますね。

ダイエットを行う場合は、活動量も重要になりますのでジョギングなど積極的に行うと良いです。

 

【まとめ】

ジョギングして脚が太くなりますか?

低負荷かつ長時間の運動では太くなりません。

 

それではダイエット頑張ってくださいね。